ごはん半合炊きのやり方とコツ:Camp

Pocket
LINEで送る

今回は自分がソロキャンプでよくやる、ごはんの半合炊きのやり方に関して書いていきます。

野外での直火炊飯は二合くらいであればそんなに難しくないのですが、米の量を少なくすると火加減や水の量・時間などで、かなりシビアになってきますが、ちょっとしたコツだったり道具のセレクトなどだったりで、誰でもうまくできるようになりますので、自分なりに体得したことを書こうと思います。

これからソロキャンプをしようとする人や興味のある人の役に立てれば幸いです。

ただあくまで今回はわたくしことタカヲ流なので、違うやり方であったり、それは間違っている!と思うところもあるかもしれませんが、広い心で読んでいただければ幸いです。また実践は自己責任でお願いします。そして一回目は大抵失敗しがちなので、家のガスコンロで一度練習してから野外でチャレンジすることを推奨します。


用意するもの

クッカー(コッヘル)

半合という大前提があるので、大きくないモノがおすすめです。直径10〜12cmくらいがベター。
素材ですがアルミが一択と言って良いほど断然おすすめ。チタンはなるべくやめてください。難しい上に焦げ付かせる確率も高く、上級者向けです。大きめのコッヘルやメスティンでも、できないこともないですが難易度が上がります。
自分が使っているのはこちらですが、たまたまあったものを使っているだけなのでアルミならばなんでも良いです。

お米 半合(90 cc / ml)

洗う手間が省けるので無洗米がおすすめ。ですが無洗米じゃなくても全然大丈夫です。どちらかによって水の量が多少変わります。

水 適量

容器や季節によりますが、自分は無洗米90ccに対して大体90cc〜100cc位でやってます。無洗米じゃない場合は、米を洗った時に水を含むのでちょっと少なめにしましょう。
計量できれば良いのですが、なければ家で何回か練習して目分量で覚えておくと良いと思います。目盛りのついているシェラカップやクッカーなどあると便利です。

クッカーのフタ

必需品です。ジャストサイズや純正品ではなくとも、クッカーを密閉できれば大丈夫です。素材はなんでも良いと思います。
写真のものはこちらになりますが、やかん代わりにしているクッカーのフタになります。ちなみにフタだけでも単品で売ってますので自分のものにあったフタを見つけてください。

熱源

これもなんでもいいです。アルコールバーナーやシングルバーナーでもカセットコンロでも。固形燃料や炭火でも良いですが弱火でやることが大事なので、高さなり量なりで調整しましょう。ただ、焚き火はできなくはないですがセッティングなど諸々難しいので、できればやらない方がいいかもしれません。状況によっては風防が必要になります。
今回はP-153を使います。



手順1:クッカーに米と水を入れる

米半合(90cc)をクッカーに入れ、水を入れます。
前述しましたが、無洗米90ccに対して水は大体90cc〜100ccです。無洗米ではに普通の米であれば洗った時に水を含むのでちょっと少なめにしましょう。
写真の容器だと米よりも5mm弱位の水位。米よりもちょっと 多めと言ったところでしょうか。水の量は水位を基準にするといい気がします。一度うまくいったら覚えておくといいです。自分はクッカーの内側にすこし傷をつけて印にしてます。

ちなみに・・・

米は小さいペットボトルに入れて持って行くと便利です。写真のボトルは350mlの容量ですが、米を入れボトルを軽くトントンと底をテーブルなどに打ち付けると380ml=二合は入ります。
半合ごとに目盛りを書いておくと量を間違えずにさらに便利です。馴れば目分量でできるようになりますが、馴れないうちは極力正確に量を計ってやりましょう。


手順2:水に漬けて、しばらく放置

ゴミや埃が入らないように、蓋をして水に漬けてしばらく放置します。これがある意味一番大事な工程です。最低30分は水に漬けておきましょう。45分くらい漬けておけば間違いないと思います。
水に漬けておくことはすごく大事なので、この手順は絶対に飛ばさないように!怠ると芯が残ったり残念なことになります。また水に漬けている間に何か別な作業をしてて、器ごとひっくり返すアクシデントも起こりがちなので、これまたご注意を。

夏は短い時間で大丈夫ですが、失敗したら嫌なので自分は一律45分を目安にしてます。漬けすぎて失敗することもあまりないと思います。


手順3:火にかけて炊く

しっかりと水に漬けたら、ここでやっと火にかけます。
ここからの作業は思いの外短い時間なのでご注意ください。
火のかけ方は諸説ありますが、自分は失敗しないことと面倒くさくないことを重視するので、ここから最後まで弱火オンリーでやります。

沸騰するとフタが開いてしまうので、上に石や使ってないカップなど、なんでもいいので重しを置きましょう。

写真では見にくいですが、弱火というかむしろトロ火でやります。消えないギリギリで火力が安定するくらいです。風が強いと火力が不安定になったり消えてしまうので、風防などを使いましょう。なければ何かしら工夫を。固形燃料や炭でやる場合は高さや量でうまく調整してください。
火事には注意してください。

手順4:待つ(+状況確認)〜炊き上がり

火にかけて待ちます。大体10〜15分程度で炊きあがります。意外と短い時間の中なので油断しないことがコツです。
(時間はあくまで参考程度に。状況によりけりなので。気温などで20分くらいかかる時もあります。)

火をかけてから、中の状況を音でなんとなく確認できます。段階としては以下の4段階。

1)無音
2)グツグツ(湯気が出たり出なかったり)
3)ジュジュジュ or ジュー

4)パチパチ音

1はまだ中の水が温まりつつある状態で、2になると沸騰しだした状態で、3は沸騰してまさに炊かれている状態、4はほぼ終了といった感じになります。

ただ、この音で確認する方法は、音量がかなり小さいのでご注意ください。屋外だとなおさら聞こえにくいです。

なので、可能なら音で中の状態を推測しつつ5、6分したら一度蓋を開けて確認して、パチパチ言い出したら再度蓋を開けて確認すると良いと思います。パチパチ言い出してから焦げ付くまで結構すぐなので、油断は禁物です。


蓋は開けないのが理想ですが、途中で開けて確認しても全然OKです。むしろ見ましょう。慣れてくると開けずに完成できるようになります。

水が少なそうであれば足し、多ければスプーンなどで取ってしまっても大丈夫です。

時間・音・蓋を開けて目視、これらを駆使してがんばりましょう。水気が少なくなり、よく見るごはんの状態になったら成功です。


手順5:蒸らし

最後の作業です。フタを開けて確認し問題なければ、再度フタをして5〜10分ほどまた放置して蒸らします。
多少固くとも、蒸らすことで多少緩和されます。


手順6:完成

蒸らしが終われば全て終了です。軽くかき混ぜて空気を入れてふっくらした状態でおいしく食べましょう。以上になります。



以上、ごはん半合の炊き方でした。
家のコンロで弱火で練習して、さらに屋外 で何度かチャレンジして慣れると造作もなくできるようになります。

最後にまとめると・・・

  • クッカーはアルミ製のものを使う

  • 米と水の量を間違えない

  • しっかりと水に漬ける

  • とにかく弱火

  • 火をかけている間は油断しない

  • 蓋を開けて中を確認

これらのことを守れば、失敗するにしてもそんなにひどいことにならないはず!楽しんでチャレンジしてみてください。長文最後までありがとうございました。