Heatech ヒートインナージャケット

Pocket
LINEで送る

電源につなぎ電気によって発熱する電熱ウェア。主にバイクでの使用を前提としたモノです。電源は基本的にバイクのバッテリーから直接取ります。
他社製品に比べて、発熱する部分であるヒートパネル面積と箇所が、首、腕、前面、背面と多く、死角のないの暖かさで冬のバイクの運転を快適してくれるジャケットです。

3段階で温度調整可能で、ジャケット下部のボタンと、ワイヤレスリモコンで操作できます。別売りのパンツとグローブもあり、それと接続でき完全武装もできます。ちなみに、ちゃんとした立体裁断で動きやすいのも良いところだと思います。

冬のバイクの運転って本当に洒落にならない寒さでして・・・・。今までゴアテックスだったりダウンだったりお金遣って色々と試行錯誤していましたが、数年前からHeatechを使うようになって今までの苦労と浪費はなんだったのか・・・と。
これを着て、その上から隙間風が入らないようなジャケット(できれば防風防水素材)を着れば大体どこでも大丈夫だと思います。ただ壊れたりヒューズが飛ぶこともあるかと思いますので過信はしないようにしてます。

バッテリーにジャケットにつなぐコードを取り付けるのですが、全然簡単な作業なのでちょっと調べれば難しくないかと思います。また工賃払えば、用品店やバイク屋さんでもやってくれるかと思います。(もちろん、所によりますよ)

Heatechはバイクのバッテリーにつなげるので、バイク乗ってエンジンかけてないと使えないのですが、その分持続時間はあまり気にしなくてもいいのですが、バイク降りるとただのジャケットになります。最近はモバイルバッテリーにつなげる電熱ウェアもちょこちょこ出てきていますが、場所を選ばずなのでタウンユースやキャンプなどにも良さそうですが、その分発熱量や持続時間などの制限はあるわけでしてどちらも一長一短と言ったところだと思います。

Heatech / amazon