フルアーマー化へ!? GoPro HERO 8 Black 発表

Pocket
LINEで送る

ついにGoPro HERO 8 Black 発表されました。

動画撮影性能もろもろは 7 とあまり大差ない印象ですが、手ぶれ補正機能 HyperSmooth 2.0 に、タイムラプス機能 TimeWarp 2.0にアップデートされました。こちらは正常進化と言ったところですね。

予想通り(残念ながら?)フロントモニタはつきませんでした。まあそれに関しては使い方は十人十色なので、あったら便利そうと思いつつも個人的はGoProらしくて良いと思います。

そのかわり Mod 機能拡張用のモジュールを取り付けられるような構造になり、自撮り用のモニタやLEDライト、ショットガンマイク付きの多機能モジュラーなどを装着できるようになりました。この発想がフルアーマーガンダムみたいで大好きです。笑

また、マウントフィンガーが下部に内蔵され、ケースなしでもマウントできるようになったことでしょうか。電池とmicroSDは側面から挿入するようになりました。バッテリーもアップデートされていて、従来のものを一応使用可能らしいですが使えない機能がある模様。

こういったもろもろせいか、GoPro7 まで統一されていたサイズは変更され、少しだけ大きくなりました。

マイクもフロントに配置されるようになりました。音声も良くなった印象。個人的に残念なのは、タッチパネルの操作感のイマイチさは相変わらずのようです。

そこそこの驚きもありつつ、まあそんなもんだよなとも思えるアップデートでしたが、個人的には良いとか悪いとかではなく好き!です。ミニマム志向の人は嫌がる気もしますが、機能派または男の子的発想をまだ持っている人には歓迎されるかと。

もちろん今から7買うくらいなら8買いますが・・・・。OSMOと意地になって張り合わない横綱相撲というか・・・笑。ともかく、しばらくして mod のオプションパーツが日本でも買えるようになって、どれだけ面白く使えるかが楽しみですね。
あとOSMO とは少しユーザーの棲み分けができつつある気がしました。(要はフロントパネルがあるかないかということですが。)

現在予約受付中、10月25日発売予定。

GoPro HERO 8 / amazon