ミラーレス APS-C 一眼カメラ FUJIFILM X-Pro3 発表

Pocket
LINEで送る

FUJIFILMから X-Proシリーズの最新モデルで三代目の X-Pro3 が発表されました。

X-Proシリーズといえば、光学式と電子式を切り替えて使うハイブリッドビューファインダーが特徴で、他にはフィルムシュミレーションや操作感など、他社のミラーレスとは一線を画するというか、かなり硬派なイメージのあるカメラですが、今回もさらに尖ったアップデートになる模様です。

液晶モニタが隠れるような構造になっていて、背面のパネルを開くとその裏側に現れます。チルトで使うことではできますが一般的なカメラの使い方とはちょっと変わってきそうですね。

賛否両論あるかと思いますが、写真はファインダーを覗いて撮るべき!と言ったメッセージ性を感じます。いやー、すごいことだと思います。便利なのは良いことですが、ある意味それとは逆行するかのようは今回のコンセプトには非常に好感が持てます。もしからた撮影スタイルを提案しているのかもしれませんね。

また外装素材にはチタンを採用。カラーはブラック、デュラブラック、デュラシルバーの3色。

最近ミラーレスでカメラ生活復帰したのですが、使えば使うほど電子ファインダーの利便性の恩恵は受けつつも光学式ファインダーOVFも使えたらなーと思う今日このごろです。仲の良い画にこだわり派のカメラマンがブライベートで使っているのですが、それだけでも物欲を刺激されています。笑

今どき良いカメラはいっぱいありますが、これは “かっこいい” カメラだと思います!

FUJIFILM