canon フルサイズミラーレス EOS R 発表

キャノンからフルサイズミラーレスカメラ “EOS R” が発表されました。23万7000円。10月下旬発売。3030万画素のフルサイズセンサー。新しいレンズマウント「RFマウント」。初期ライナップとして4本発売(10月〜12月)。ボディサイズはニコンのZ7、Z6や、ソニーのα7シリーズよりも大きく、135.8×98.3×84.4mm。記憶媒体はSDカード。

その他スペックは後出しだけあって満足できるものだと思います。RF 28-70mm F2L USMのレンズがすごく気になります。個人的な感想としてはハイスペックなのは良いのですが、ミラーレスはコンパクトで気軽に持ち歩きたいという気持ちの方が強いので、ハイエンドはちょっと・・・という感じです。ただ絶対良いモノなのは間違いなく、撮影する時はボディも大きくて、スペックが高い方が満足するに決まってるんだよなぁ・・・と、よくある葛藤に悩まされる今日この頃です。笑

EOS Rのコンセプトや各製品の特長紹介のほか、写真家のインプレッション動画や開発秘話など、さまざまなコンテンツをご覧いただけます。
Pocket
LINEで送る