“Google+” コンシューマー向けサービス終了

10月8日にGoogleは一般ユーザー向けの「Google+」を終了すると発表しました。2019年8月に終了予定。Google+の利用者が少なく人気がなかったことと、APIのバグによって最大で50万件のアカウントに影響したかもしれないセキュリティの問題があった事が理由との事。
Google+を使っていた者としては、まあそりゃそうだよなと率直な感想がありつつ、バグに関しては発表のタイミングも含め、ちょっとモヤモヤします。
Googleはよく(と言っても良いと思いますが)サービスを終了するときはスパッと行きますよね。まあ本当しょうがないとは思いますが、ちょっとだけ寂しくも感じます。個人的にはGoogle Readerの時ほどの衝撃ではないです。笑

Google

Pocket
LINEで送る