Camp Cooker Set 2018 summer

タカヲ的 クッカーセット 2018

管理人タカヲがキャンプに持っていく、クッカーセットの紹介です。
状況によってはプラスαで別なモノを持っていくこともありますが、基本的にこのセット。カトラリーやコッヘルなどの、食事と調理にかかわるモノを、ひとまとめにコンパクトに収納してます。

※基本的にバイクでオートキャンプ場に泊まるだけのユルいキャンパーなので、そのつもりでご覧ください。

収納するとこんな感じです。流石にパンパン。ちょっとしたパズルになってます。

蓋が開いてバラバラにならないようにMUJIのお弁当用ゴムバンドでとめて、オクトスの袋に入れます。袋があると、出した後も使わないものをまとめて入れておけるので、テーブルの上が散らからないで済んで、結構便利だったりしますよ。

連泊で日数がそこそこあるときは、燃料を追加したり、ガスバーナーを持っていったりします。調味料などは食料と一緒に別で持っていきます。カップも別で持って行きます。

また後日キャンプ道具を一式でまとめて紹介しようと思ってます。


以下、個別紹介。

1. EVERNEW チタンクッカー 1 セラミック

これの中に他のモノを入れます。 大体やかんとして使います。口がついているのでお湯が注ぎやすい。その他の用途としては、パスタ茹でたり、インスタントラーメン作ったりくらい。

2. TOAKS チタニウム フライパン PAN-115D

フライパンです。肉を焼いたり、ペペロンチーノ作るのに使ったりしてます。チタンクッカー1の底に収納。

3. Belmont チタンシェラカップ深型480

フライパンの上に収納します。主に炊飯に使ってます。チタンは焦げ付きやすく、焦げ付かないようにうまくやってたのですが、前回のキャンプで見事に焦げ付かせてしまいました。残念。

4. Esbit Titanium Stove

メインのコンロ。湯沸かしから調理に。

5. MGTRAIL ラーメンツーリング用折畳風防ゴトク

Esbit Titanium Stoveの風防として使ってます。弱火にしたい時は、コッヘルを上に乗せて火から距離を取って使います。そういう意味でちょうど良い高さ。これ自体は固形燃料でもアルコールストーブでも両方使えるスグレモノです。

6. Esbit 固形燃料スタンダード 4g×20個入

固形燃料。Esbit Titanium Stoveで使います。まるまる持って行っても1泊だと使いきれないので、小さいビニール袋に小分け。写真には燃焼時間の長い14gのタブレットも写ってます。

7. Belmont ニューアウトドアスティック

二分割できる箸。持つ所が四角いのでコッヘルの上でも転がらないのが便利。付属の袋は使ってません。

8. mont‐bell O.D.コンパクトドリッパー2

コーヒードリッパー。箸を使ってドリッパーをカップにセットします。フィルターレスで使ってます。

9. CAPTAIN STAG  チタン製 スポーク

刺すも良し、掬うも良しのスポーク。折りたためます。

10. Lixada フォーク 先割れスプーン チタン製

スポークと箸があるなら、いらないじゃないかとお思いでしょうが、パスタはフォークで食べるのが一番おいしいと思うんですよね。


番外. SEA TO SUMMIT X-ボウル

写真に取り忘れてましたが、これも器として持って行ったりします。使ったり使わなかったり。これはチタンクッカー 1 セラミックには入らないので、オクトスの袋に入れます。写真はグレーですが、自分はブラック(おそらく廃盤)を使用。

高城剛氏は著作で読んでたまに真似してますが、底面外側をまな板としても使えるのも便利。


以上、お粗末ですが、タカヲ的クッカーセットでした。これを書いてたらキャンプ場に行って、粗末な料理をしながら、日本酒が呑みたくなりました。

Pocket
LINEで送る